赤ちゃんの抱っこ

主に2種類あります

親子

抱っこ紐は今や育児にかかせないグッズのひとつです。
さっきまで泣いていた赤ちゃんも抱っこ紐に入れると不思議と落ち着くなどということはよくある話です。
しかし一言に抱っこ紐といっても、とてもたくさんの種類があり、どれを選ぶかとても迷ってしまいます。
ではそn種類を説明していきましょう。
抱っこ紐はまず、首が据わらない新生児から使えるものと、首が座ってから使うタイプに分かれます。
首が座る前に使うものは、スリングやトンガで、袋の中に赤ちゃんをいれてつりさげるタイプのものが主流です。
袋の入ったあかちゃんは一見窮屈そうですが、お腹の中の狭い空間に慣れていたこともあるのか、ぴったりフィットする状態が心地よいようで、落ち着いている赤ちゃんが多いです。
首が座ってから使用するタイプの抱っこ紐は、お母さんの肩や背中、腰にベルトがあり、前に赤ちゃんを抱っこして腰で支えるタイプのものです。
腰で赤ちゃんの体重を支えるので、見た目より楽に赤ちゃんをだっこできます。
赤ちゃんの首を支えるインサートを使用することにより、新生児から使用できるものもあります。
また赤ちゃんを前にだっこするだけでなく、後ろにおんぶすることもできるので、赤ちゃんをおんぶして料理や掃除などの家事を行うことができます。
外国製のメーカーで有名なものがありますが、日本製も発売されています。
外国性のものは海外の女性にあわせて若干大きく作られているので、日本の女性にあわせた日本製もためしてみる価値はあります。

実際に試してみよう

親子

赤ちゃんを連れての外出は大変です。
特に上の子がまだ小さく、手を繋いで歩かなくてはならないこともあります。
そんな時には、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしましょう。
そうすれば両手が空くので、上のこと手を繋いで歩くことができやすくなります。
また、電車やバスに乗る時にベビーカーを折りたたむなどの手間も省け、そのまま乗車できるという利点もあります。
このように、抱っこ紐は赤ちゃん連れのお母さんにとって必須アイテムです。
最近はどんどん使い勝手が良くなってきているので、いろいろな商品を比較してみましょう。
もちろん、実際に使ってみることが一番です。
使い心地を重視して選ぶことをお勧めします。
赤ちゃんグッズが売っている専門店なら、何種類もの抱っこ紐が売られているので比較しがいがあっていいかもしれません。
店頭で試しに使うこともできます。
実際に使ってみて一番良いと思えるものを購入しましょう。
また、最近の抱っこ紐は抱っこの時だけではなく、おんぶの時にも使えるようになっています。
やり方が違うので、まずは装着の仕方を学びましょう。
一度やってみても覚えられないような複雑構造では困ります。
簡単に装着でき、かつ安全なものを購入することがポイントです。
安全性に関しては紐の強度や固定さなどをしっかり確認してみましょう。
それから、口コミ情報を参考にしてみるのもお勧めです。
多くの人が利用している抱っこ紐なら安心して使うことができます。

両手が使えます

親子

抱っこ紐は現代のママたちにとって、必須のアイテムになりつつあります。
その理由は、前に赤ちゃんを抱くことで、常に表情をみながらお出かけができる点にあります。
従来の育児で人気であったおんぶスタイルは、赤ちゃんの顔が見えず、どんな状態かもわからない場合が多いため、安全性や安心感の面で欠けていたといえます。
前に抱くことによって、常に赤ちゃんとアイコンタクトを取ることができるほか、なにか不測の自体が生じた時も的確に判断することができます。
母親側も抱っこ紐を使用することで、両手が使えるため、家事などもしやすいのが特徴です。
歩くまえの赤ちゃんはその子の性格にもよりますが、四六時中抱っこがいい子も多いため、産後は母親の行動範囲がとても狭まります。
抱っこ紐を利用すると、何も使用しないときに比べて、何倍も生活が楽になり、赤ちゃんとのお出かけもとても気が楽になります。
ベビーカーを使用するよりも、公共の交通機関の利用がストレスなく可能になります。
ベビーカーの場合にはエレベーターを探す手間や混雑時には畳まなければならないなど何かと気を遣う場合が多いため、体重がまだそれほどない場合には抱っこ紐が便利だと感じる母親も多いのです。
母親と赤ちゃんの身体が密着している分、精神的な安定にもつなげることができます。
最近では安全面に配慮した抱っこ紐も数多く販売され、赤ちゃんの落下なども防止できるようになりました。
また、抱っこだけではなく、横抱きやおんぶなど様々なタイプに使用できる抱っこ紐も販売されているため、ニーズに合わせて利用できます。

赤ちゃん用品について

赤ちゃん

抱っこ紐の中でも特に人気が高く、種類も豊富なのが、キャリー型と呼ばれるタイプです。このタイプの抱っこ紐の特徴は、対応年齢の幅が広い、抱っこだけでなくおんぶや前向き抱っこもできるなど、機能性が高い点です。ですから、購入する際には、必要な機能や欲しい機能を考え、最適な製品を選ぶことが大切です。

もっと読む

ギフト用なら高めにしよう

ベイビー

赤ちゃんギフトの中には、赤ちゃん用パジャマも人気です。価格も有名ブランドなら高めとなっているので、プレゼントすると喜ばれるはずです。親御さんが購入するのなら、肌触りを確かめてから購入することをお勧めします。

もっと読む

赤ちゃんの抱っこ

親子

抱っこ紐は新生児から使用できるものと、首か座ってから使用するものに分かれます。新生児から使用できるものは袋状のものに赤ちゃんを入れてつりさげるタイプです。首が座ってから使用するものは、お母さんの首や背中、腰にベルトがあり、前に赤ちゃんを抱っこするタイプです。

もっと読む